Linux あれこれ

Linux 関連の備忘録です。

「Xubuntu 22.04.1 LTS」にFlatpak で「Boxes」(43.1) をインストール〈H157-8〉

登録日: 2022-12-05 更新日: 2022-12-05

Xubuntu 22.04.1 で APT で入れた「Boxes」(42.2) にて、ゲストOS 内のアプリのウィンドウを移動させると少しの時間、何もできなくなります。

ゲストOS のディストリビューションによって、発生の頻度に差があるみたい。

-

支障があるので、最新のバージョンである、Flatpak 版の「Boxes」(43.1) をインストールしました。

その備忘録です。

-

-

-

使用したPC は「ASUS Chromebox CN60 」で、 プロセッサは第4世代の「Intel Celeron 2955U 」です。

UEFI 立ち上げ」のPC です。

-

(注)リンクを戻るときはブラウザの左上の「←」をクリック

-

-


目次

-

参考:

  1. Flatpak のインストールのやり方:

  2. Flatpak コマンドの使い方:

-

今回の作業:

  1. APT でインストールした「Boxes」を削除:

  2. 「Flatpak」をインストール:

  3. Flatpak で「Boxes」をインストール:

  4. 「Boxes」を起動して動作確認:

-

「まとめ へ」

「目次詳細 へ」

-

-


--- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - -

Xubuntu 22.04.1 LTS で、「Boxes」を使う:

-

全画面で表示:

→デフォルトは全画面表示です。

インストール後の最初の起動時のみ、「ウェルカムチュートリアル」ダイアログ画面が表示されます。

「Boxes」の代表的な機能を 4枚のアニメ画 で紹介してくれます。

「ウェルカムチュートリアル」画面は一度閉じると、次回から表示されません。

-

小さな画面で表示:

→ウィンドウの右上の「+」をクリックすると小さな画面になりました。

もう一度「+」をクリックすると、全画面表示になります。

-

-


--- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --

ホストOS : Xubuntu 22.04.1 LTS

-

現在のバージョンを表示:

2022-12-05 現在

カーネル:

$ uname -r
5.15.0-56-generic

-

リリース:

$ cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=22.04
DISTRIB_CODENAME=jammy
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 22.04.1 LTS"

→ひとつ前のリリースを使う、安定志向のポイントリリース版(延命版)です。

-

-


--- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ---

「Boxes」について:

-

公式サイト:

GNOME Boxes

-

  • 「Boxes」は GNOME アプリケーションのひとつで、「仮想マシン」を動かす環境としては、
     シンプルで、簡単にゲストOS (ボックス)を作成できます。

-

バージョン:

$ gnome-boxes --version
43.1

→最新です。

-

APT で入れた「42.2」にて、問題があったので、最新に移行しました:

「設定画面の表示が見づらい」だけで、動作に支障はないと思っていたら、 時々、マウスに引っ張られるように、ウィンドウの移動が発生し、少しの時間、何もできなくなります。 いくつかのゲストOS で発生することを確認。これは「Boxes」の不具合?

最新のソースでビルドしてみたら、共有ライブラリのバージョンの不整合で動きませんでした。 flatpak 版にすると「USB リダイレクト」が使えなくなりますが、安定動作を考えると、最新の flatpak 版にするのがベターかな。

タイミングを見て、移行しました。 最新の方が、問題報告もできます。

-

-


--- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----

Flatpak について:

-

Flatpak とは:

Linux 上のアプリケーションのフレームワークです。

Flatpak をサポートする Linuxディストリビューションで、単一のアプリを使用することができ、開発者の作業を容易にします。

-

-


--- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - -----

1. APT でインストールした「Boxes」を削除:

-

もし、「GNOME Boxes」をインストールしていなければ、こちらの作業は要りません。

また、ゲストOS をインストールしていて、どうしても削除できない場合は、行わないでください。

-

1). Boxes を起動します:

ゲストOS 一覧が表示されます:

すべてのゲストOS を右クリック →「削除」

「削除」をクリックすると、すぐに削除されるので注意。元に戻せるチャンスは、画面下に表示される「戻す」メーセージが表示されているときだけです。

-

すべてのゲストOS を「削除」すると、以下の画面になります:

→右上の「x」で「GNOME Boxes」を閉じます。

-

2). 削除前に確認:

$ gnome-boxes --version
42.2
$ apt list gnome-boxes -a
:
gnome-boxes/jammy-updates,now 42.2-0ubuntu1 amd64 [インストール済み]
gnome-boxes/jammy 42.0.1-1ubuntu1 amd64

-

3). APT でインストールした「GNOME Boxes」を削除:

$ sudo apt remove gnome-boxes
:
以下のパッケージが自動でインストールされましたが、もう必要とされていません:
  genisoimage libexempi8 libgif7 libgsf-1-114 libgsf-1-common
  libgtk-vnc-2.0-0 libgvnc-1.0-0 libosinfo-1.0-0 libosinfo-bin
  libphodav-2.0-0 libphodav-2.0-common
  libspice-client-glib-2.0-8 libspice-client-gtk-3.0-5
  libtracker-sparql-3.0-0 libusbredirhost1 libvirt-glib-1.0-0
  libvirt-glib-1.0-data osinfo-db
  spice-client-glib-usb-acl-helper tracker tracker-extract
  tracker-miner-fs
これを削除するには 'sudo apt autoremove' を利用してください。
以下のパッケージは「削除」されます:
  gnome-boxes

-

$ sudo apt autoremove
:
以下のパッケージは「削除」されます:
  genisoimage libexempi8 libgif7 libgsf-1-114 libgsf-1-common
  libgtk-vnc-2.0-0 libgvnc-1.0-0 libosinfo-1.0-0 libosinfo-bin
  libphodav-2.0-0 libphodav-2.0-common
  libspice-client-glib-2.0-8 libspice-client-gtk-3.0-5
  libtracker-sparql-3.0-0 libusbredirhost1 libvirt-glib-1.0-0
  libvirt-glib-1.0-data osinfo-db
  spice-client-glib-usb-acl-helper tracker tracker-extract
  tracker-miner-fs
:
osinfo-db (0.20220214-1ubuntu2) を削除しています ...
dpkg: 警告: osinfo-db の削除中、ディレクトリ '/usr/share/osinfo/os/ubuntu.com' 
が空でないため削除できませんでした
dpkg: 警告: osinfo-db の削除中、ディレクトリ '/usr/share/osinfo/os/suse.com' 
が空でないため削除できませんでした
dpkg: 警告: osinfo-db の削除中、ディレクトリ '/usr/share/osinfo/os/rockylinux.org' 
が空でないため削除できませんでした
dpkg: 警告: osinfo-db の削除中、ディレクトリ '/usr/share/osinfo/os/redhat.com' 
が空でないため削除できませんでした
dpkg: 警告: osinfo-db の削除中、ディレクトリ '/usr/share/osinfo/os/opensuse.org' 
が空でないため削除できませんでした
dpkg: 警告: osinfo-db の削除中、ディレクトリ '/usr/share/osinfo/os/nixos.org' 
が空でないため削除できませんでした
dpkg: 警告: osinfo-db の削除中、ディレクトリ '/usr/share/osinfo/os/libosinfo.org' 
が空でないため削除できませんでした
dpkg: 警告: osinfo-db の削除中、ディレクトリ '/usr/share/osinfo/os/freebsd.org' 
が空でないため削除できませんでした
dpkg: 警告: osinfo-db の削除中、ディレクトリ '/usr/share/osinfo/os/fedoraproject.org' 
が空でないため削除できませんでした
dpkg: 警告: osinfo-db の削除中、ディレクトリ '/usr/share/osinfo/os/alpinelinux.org' 
が空でないため削除できませんでした
dpkg: 警告: osinfo-db の削除中、ディレクトリ '/usr/share/osinfo/os/almalinux.org' 
が空でないため削除できませんでした

→多分、手動で入れた「osinfo」です。

$ ls /usr/share/osinfo/os/
:
almalinux.org      freebsd.org    opensuse.org    suse.com
alpinelinux.org    libosinfo.org  redhat.com      ubuntu.com
fedoraproject.org  nixos.org      rockylinux.org  univention.de

-

4). 削除:

$ sudo rm -r /usr/share/osinfo/os/*
$ ls /usr/share/osinfo/os/
$ 

-

確認:
$ apt list gnome-boxes -a
:
gnome-boxes/jammy-updates 42.2-0ubuntu1 amd64
gnome-boxes/jammy 42.0.1-1ubuntu1 amd64

-

5). イメージフォルダの中身を削除:

$ ls -l ~/.local/share/gnome-boxes/images/
$

-

6). 再起動:

$ reboot

-

-


--- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- -

2. 「Flatpak」をインストール:

-

Xubuntu 22.04.1 LTS」にて作業:

-

1). システム更新:

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

-

2). Flatpak をインストール:

$ sudo apt install flatpak
:
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  flatpak libappstream-glib8 libostree-1-1
$ flatpak --version
Flatpak 1.12.7
$ flatpak list
$ 

-

3). Flatpak アプリをインストールするためのリポジトリを追加:

$ flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo
:
Note that the directories 

'/var/lib/flatpak/exports/share'
'/home/ubn/.local/share/flatpak/exports/share'

ABC are not in the search path set by the XDG_DATA_DIRS environment
variable, so applications installed by Flatpak may not appear on
your desktop until the session is restarted.

↓ 和訳:

ディレクトリに注意してください

'/var/lib/flatpak/exports/share'
'/home/ubn/.local/share/flatpak/exports/share'

は、XDG_DATA_DIRS 環境変数によって設定された検索パス
に含まれていないため、Flatpak によってインストールされた
アプリケーションは、セッションが再起動されるまで
デスクトップに表示されない場合があります。

-

4). 再起動:

$ reboot

-

5). 「Boxes」アプリを検索:

端末画面の横幅を広げてから、下記を実行:

$ flatpak search boxes
:
Name         Description                                    Application ID                  Version    Branch Remotes
Boxes        Virtualization made simple                     org.gnome.Boxes                 43.1       stable flathub
GNOME Boxes… Operating system database used by GNOME Boxes  …gnome.Boxes.Extension.OsinfoDb 20220830   stable flathub
Black Box    A beautiful GTK 4 terminal.                    com.raggesilver.BlackBox        0.12.2     stable flathub
Roger Router Journal, Fax-Software and Call-Monitor for AV… org.tabos.roger                 2.4.2      stable flathub
Boxy SVG     Scalable Vector Graphics editor                com.boxy_svg.BoxySVG            3.94.1     stable flathub
Boxtron      Compatibility tool to run DOS games on Steam … …team.CompatibilityTool.Boxtron            stable flathub
Boxi         A terminal emulator for use with Toolbox       dev.boxi.Boxi                   5          stable flathub
Tauon Music… Play your music with style                     com.github.taiko2k.tauonmb      7.4.5      stable flathub
Datovka      A free graphical user interface for data boxes org.cznic.Datovka               4.21.1     stable flathub
SokoGrump    Sokoban-like logic game featuring the Grumpy … ro.go.hmlendea.SokoGrump        2.3.0      stable flathub
KSquares     Connect the dots to create squares             org.kde.ksquares                0.6.22083  stable flathub
KBlackbox    Blackbox Logic Game                            org.kde.kblackbox               22.08.3    stable flathub
Cowsay       Cowsay, a state of the art Cowsay generator u… org.gnome.gitlab.Cowsay         1.9.2      stable flathub
OCRFeeder    The complete OCR suite                         org.gnome.OCRFeeder             0.8.3      stable flathub
ARX          ARX Data Anonymization Tool                    org.deidentifier.arx            v3.9.1     stable flathub
Clementine … Plays music files and Internet radio           …g.clementine_player.Clementine 1.4.0rc2   stable flathub
CherryTree   Hierarchical Note Taking                       net.giuspen.cherrytree          b'0.99.52' stable flathub
Veusz        Scientific plotting package                    io.github.veusz.Veusz           3.4        stable flathub
SASM         Simple cross-platform IDE for NASM, MASM, GAS… io.github.dman95.SASM           3.12.1     stable flathub
PoMiDAQ      View and record videos from UCLA Miniscopes    io.github.bothlab.pomidaq       0.4.5      stable flathub
Zettlr       A Markdown editor for the 21st century         com.zettlr.Zettlr               2.3.0      stable flathub
John the Ri… John the Ripper "Jumbo" password cracker       com.openwall.John               1.9.0J1    stable flathub
Katawa Shou… A bishoujo-style visual novel                  com.katawa_shoujo.KatawaShoujo  1.3.1      stable flathub
PyCharm-Pro… The most intelligent Python IDE                …jetbrains.PyCharm-Professional 2022.2.4   stable flathub
PyCharm-Com… The most intelligent Python IDE                com.jetbrains.PyCharm-Community 2022.3     stable flathub
CLion        A cross-platform IDE for C and C++             com.jetbrains.CLion             2022.2.4   stable flathub
Boram        Cross-platform graphical WebM converter.       com.github.kagami.boram         0.5.6      stable flathub
Coulr        Enjoy colors and feel happy!                   com.github.huluti.Coulr         1.8.1      stable flathub
Barrier      Barrier - Share mouse and keyboard over the l… com.github.debauchee.barrier    2.4.0      stable flathub
Cinema       A video player for watching local video files  …thub.artemanufrij.playmyvideos 1.1.2      stable flathub
Hypatia      A research helper tool that provides context … ….github.HypatiaProject.hypatia 0.1.1      stable flathub
Discord      Messaging, Voice, and Video Client             com.discordapp.Discord          0.0.21     stable flathub
Blockbench   Blockbench - A boxy 3D model editor            net.blockbench.Blockbench       4.5.2      stable flathub
GxPlugins    GxPlugins LV2                                  …p.LinuxAudio.Plugins.GxPlugins 0.9.0      22.08  flathub
GxPlugins    GxPlugins LV2                                  …p.LinuxAudio.Plugins.GxPlugins 0.9.0      21.08  flathub
GxPlugins    GxPlugins LV2                                  …p.LinuxAudio.Plugins.GxPlugins 0.9.0      20.08  flathub
Kapow Punch… Keep track of time spent on projects           org.gottcode.Kapow              1.6.0      stable flathub

→画面下のスクロールバーで横にスクロールさせて、右の隠れている部分を確認してください。

ちなみに、画面が狭いと肝心の「Name」と「Application ID」が省略されます。
「Description」を行末に置いて、まずはそれが省略されるようにして欲しいところ。

-

6). インストールされている Flatpak アプリを確認:

$ flatpak list
$

→インストールはなし

-

-


--- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- --

3. Flatpak で「Boxes」をインストール:

-

1). 「リポジトリ名」と「アプリケーション ID」を指定して、インストール:

$ flatpak install flathub org.gnome.Boxes
:
Looking for matches…
Required runtime for org.gnome.Boxes/x86_64/stable (runtime/org.gnome.Platform/x86_64/43) found in remote flathub
Do you want to install it? [Y/n]:   ←(Enter)

org.gnome.Boxes permissions:
    ipc                      network                         fallback-x11          pulseaudio
    wayland                  x11                             devices               file access [1]
    dbus access [2]          system dbus access [3]

    [1] host, xdg-run/dconf, ~/.config/dconf:ro
    [2] ca.desrt.dconf, org.freedesktop.secrets, org.gnome.ControlCenter
    [3] org.freedesktop.timedate1


        ID                                           Branch         Op         Remote          Download
 1.     org.freedesktop.Platform.GL.default          22.08          i          flathub         < 131.0 MB
 2.     org.freedesktop.Platform.VAAPI.Intel         22.08          i          flathub          < 10.8 MB
 3.     org.freedesktop.Platform.openh264            2.2.0          i          flathub         < 944.3 kB
 4.     org.gnome.Boxes.Extension.OsinfoDb           stable         i          flathub         < 725.9 kB
 5.     org.gnome.Boxes.Locale                       stable         i          flathub           < 6.2 MB (partial)
 6.     org.gnome.Platform.Locale                    43             i          flathub         < 340.2 MB (partial)
 7.     org.gtk.Gtk3theme.Greybird                   3.22           i          flathub          < 91.8 kB
 8.     org.gnome.Platform                           43             i          flathub         < 325.0 MB
 9.     org.gnome.Boxes                              stable         i          flathub          < 49.6 MB

Proceed with these changes to the system installation? [Y/n]:     ←(Enter)

↓ インストール完了にて、下記の表示に変わりました:

        ID                                           Branch         Op         Remote          Download
 1. [✓] org.freedesktop.Platform.GL.default          22.08          i          flathub         130.7 MB / 131.0 MB
 2. [✓] org.freedesktop.Platform.VAAPI.Intel         22.08          i          flathub          10.7 MB / 10.8 MB
 3. [✓] org.freedesktop.Platform.openh264            2.2.0          i          flathub           1.2 MB / 944.3 kB
 4. [✓] org.gnome.Boxes.Extension.OsinfoDb           stable         i          flathub         212.5 kB / 725.9 kB
 5. [✓] org.gnome.Boxes.Locale                       stable         i          flathub         204.0 kB / 6.2 MB
 6. [✓] org.gnome.Platform.Locale                    43             i          flathub           1.9 MB / 340.2 MB
 7. [✓] org.gtk.Gtk3theme.Greybird                   3.22           i          flathub         121.6 kB / 91.8 kB
 8. [✓] org.gnome.Platform                           43             i          flathub         287.0 MB / 325.0 MB
 9. [✓] org.gnome.Boxes                              stable         i          flathub          51.7 MB / 49.6 MB

Installation complete.

→画面下のスクロールバーで横にスクロールさせて、右の隠れている部分を確認してください。

-

2). インストールされたアプリの確認:

$ flatpak list
:
Name                                     Application ID                          Version    Branch   Installation
Mesa                                     org.freedesktop.Platform.GL.default     22.1.7     22.08    system
Intel                                    org.freedesktop.Platform.VAAPI.Intel               22.08    system
openh264                                 org.freedesktop.Platform.openh264       2.1.0      2.2.0    system
Boxes                                    org.gnome.Boxes                         43.1       stable   system
GNOME Boxes Osinfo DB                    org.gnome.Boxes.Extension.OsinfoDb      20220830   stable   system
GNOME Application Platform version 43    org.gnome.Platform                                 43       system
Greybird GTK+ Theme                      org.gtk.Gtk3theme.Greybird                         3.22     system

→画面下のスクロールバーで横にスクロールさせて、右の隠れている部分を確認してください。

多くの依存が入りました。

-

$ flatpak list | grep Boxes
:
Boxes   org.gnome.Boxes 43.1    stable  system
GNOME Boxes Osinfo DB   org.gnome.Boxes.Extension.OsinfoDb  20220830    stable  system

→「Boxes」のバージョンは、「43.1」です。
Os 情報のDB は、「20220830」です。

-

ちなみに、

  • RHEL 9 の公開(2022年5月18日)
  • Rocky Linux 8.6 の提供(2022年5月18日)
  • Rocky Linux 9.0 の提供(2022年7月)

-

3). すべての Flatpak アプリの更新:

$ flatpak update
:
Looking for updates…
Nothing to do.

→更新はなし

-

4). コマンドで「Boxes」を起動:

$ flatpak run org.gnome.Boxes

→「アプリケーション ID」を指定して起動

-

もしくは、

5). メニューから「Boxes」を起動:

メニュー →開発 →「Boxes」

-

-


--- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- ---

4. 「Boxes」を起動して動作確認:

-

1). メニューから「Boxes」を起動:

メニュー →開発 →「Boxes」

-

2). 起動画面:

-

(1). インストール後の最初の起動時のみ、「ウェルカムチュートリアル」画面が表示:

→「ウェルカムチュートリアル」画面を右上の「x」で終了

-

(2). 閉じると、次回から表示されません。

「Boxes」をアンインストールして、インストールしても二度と表示されないので注意。

-

(3). 初期画面になりました:

→ボックスが何も作成されていないときの表示です。

-

(4). 全画面表示なので、

ウィンドウの右上の「+」をクリックすると小さな画面になりました:

-

3). 左上の「+」で、ボックスを新規作成してみると:

→「注目のダウンロード」に、「Ubuntu 22.04 LTS」、「Fedora 37」、「RHEL 9.0」が入っていました。

-

4). 「オペレーティングシステムをダウンロード」をクリックして確認:

→上記の一覧のままなので、一番下の「縦3点」をクリック:

→次の一覧が表示されました。

-

5). ヘルプにて、バージョンを確認:

43.1-5791b3ec

-

-

6). 参考: ファイルの場所:

$ ls -1 /var/lib/flatpak/exports/share/applications/
mimeinfo.cache
org.gnome.Boxes.desktop
$ ls -1 /var/lib/flatpak/exports/bin/
org.gnome.Boxes

-

7). 参考: デスクトップファイルの内容:

$ cat /var/lib/flatpak/exports/share/applications/org.gnome.Boxes.desktop
[Desktop Entry]
Name[ja]=Boxes
Name=Boxes
:
GenericName[ja]=仮想マシンビューアー/マネージャー
GenericName=Virtual machine viewer/manager
:
Comment[ja]=仮想マシンを表示して利用する
Comment=View and use virtual machines
:
Keywords[ja]=virtual machine;vm;仮想マシン;仮想化;boxes;ボックス;
Keywords=virtual machine;vm;
:
Exec=/usr/bin/flatpak run --branch=stable --arch=x86_64 --command=gnome-boxes --file-forwarding org.gnome.Boxes @@u %U @@
Icon=org.gnome.Boxes
Terminal=false
Type=Application
StartupNotify=true
Categories=GNOME;GTK;System;Development;Emulator;
MimeType=application/x-cd-image;
DBusActivatable=true
X-Flatpak=org.gnome.Boxes

-

-


--- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- ----

5. 参考: Flatpak のインストールのやり方:

-

Flatpak のインストールは 2段階で行います:

-

1). Flatpak をインストール:

-

Linux MintUbuntu ベース:
$ sudo apt install flatpak

-

Debian ベース:
$ sudo add-apt-repository ppa:alexlarsson/flatpak
$ sudo apt update
$ sudo apt install flatpak

-

Red HatFedora ベース:
$ sudo dnf install flatpak

-

Arch Linux ベース:
$ sudo pacman -S flatpak

-

2). Flatpak アプリケーションをインストールするためのリポジトリを追加:

$ flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo

-

-


--- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- -----

6. 参考: Flatpak コマンドの使い方:

-

1). 使用可能な Flatpak アプリを検索:

$ flatpak search 「アプリ名」

→アプリ名は正確である必要はありません。 検索クエリと一致するすべての結果が表示されます。

-

2). Flatpak アプリをインストール: 「リポジトリ名」と「アプリケーション ID」を指定

$ flatpak install 「リポジトリ名」「アプリケーションID」

→検索コマンド「flatpak search」で「リポジトリ名」と「アプリケーションID」を探して、インストールします。

-

例:

$ flatpak install flathub org.libreoffice.LibreOffice

-

3). Flatpak アプリをインストール: ダウンロードした「.flatpakref」ファイルを指定:

開発者の何人かは独自のリポジトリを公開しています。 アプリの「.flatpakref」ファイルの絶対パスを指定して、アプリのインストールができます:

$ flatpak install 「.flatpakref ファイルの絶対パス」

→システムにダウンロードした「.flatpakref」ファイルのディレクトリに移動して、 ダウンロードした flatpakref ファイルの名前を指定します:

-

例:

$ flatpak install --from https://flathub.org/repo/appstream/com.spotify.Client.flatpakref

-

4). Flatpak アプリの実行:

$ flatpak run 「アプリケーション ID」

→「アプリケーション ID」を指定します。

-

5). インストールされているすべての Flatpak アプリを表示:

$ flatpak list

-

6). インストールされている Flatpak パッケージを削除:

$ flatpak uninstall 「アプリケーション ID」

→「アプリケーション ID」を指定します。

-

7). すべての Flatpak アプリケーションを更新:

$ flatpak update

-

-


まとめ

今回は、Flatpak 版の「Boxes」(43.1) をインストールしました。

「USB リダイレクト機能」が使えなくなるのは残念ですが、安定動作を求めました。 以前インストールしたときよりも、バージョンがアップしていました。

-

表示される画面が見やすい色使いに調整されているようには感じますが、 安定動作するかは、いくつかの Linux ディストリビューションを入れて試してみないと、わからないと思います。

-

-

-


-

-

    目次

-

「投稿の先頭 へ」

-

-


-

「この目次 の先頭へ」

「本編の目次 に戻る」

-