Linux あれこれ

Linux 関連の備忘録です。

Lubuntu 20.04 LTS (Beta) で Window + 矢印キー を設定〈H14〉

登録日: 2020-04-05 更新日: 2020-04-05

公開直前の「Lubuntu 20.04 LTS」の未公開版(ベータ版)をUSB メモリにインストールしました。

残念なのは、Window + 矢印キー で 1/2画面にしてのウィンドウのタイリングができません。不便なので、ウィンドウのタイリングができるように設定しました。その備忘録です。

-

「目次」

-


経緯:

  • Lubuntu 19.04 では、「左のWindows」+矢印キー はダメですが、「右のWindows」+矢印キー だと 1/2画面のタイリング表示ができました。

  • Lubuntu 19.10 以降からは、タイリング表示が完全にできなくなりました。

→ 「openbox」の定義から関連した部分が削除されました。

対応策:

  • Lubuntu 19.04 の「~/.config/openbox/lxqt-rc.xml」の window tiling の定義部分(328〜380行目)を使わせてもらいました。

→使い方によっては問題があるかもしれません。理由があって削除(グローバルショートカットとの重複防止)した部分を復活させているので自己責任です。

-


Lubuntu 19.04 の定義部分を準備:

「Lubuntu 19.04」をインストールしたUSB メモリを準備します。

-

1. 今回の「Lubuntu 20.04」をインストールしたUSB メモリ(ユーザ名: USER_A)で立ち上げます。

-

2. そこに、「Lubuntu 19.04」をインストールしたUSB メモリ(ユーザ名: USER_B)を挿入。

→自動でマウント(/media/USER_A/Lubuntu1904/) されました。

-

3. 定義ファイルをコピー:
$ cd ~/ドキュメント/
$ cp /media/USER_A/Lubuntu1904/home/USER_B/.config/openbox/lxqt-rc.xml 1904-lxqt-rc.xml

-

4. 「Lubuntu 19.04」をインストールしたUSB メモリ(ユーザ名: USER_B)をアンマウント(取り出しボタンをクリック)して取り出します。

-

5. 編集用のファイルを準備:
$ cd ~/ドキュメント/
$ cp 1904-lxqt-rc.xml 1904-shortcuts.txt

-

6. 必要な部分のみ取り出し:
$ featherpad 1904-shortcuts.txt

window tiling の定義部分(328〜380行目)だけを残して、他を削除します。

検索→「指定行へ移動」→下にある、指定行へ移動:「381」

381行目以降を削除。

次に、1〜327行目を削除。

保存します。

-

7. 1904-shortcuts.txt ファイルの内容の確認:
$ cat ~/ドキュメント/1904-shortcuts.txt

↓ 内容(53行分):

    <!--
        Lubuntu specific.
        Keybindings for window tiling
    -->
    <!--
        # HalfLeftScreen
    -->
    <keybind key="W-Left">
      <action name="UnmaximizeFull"/>
      <action name="MoveResizeTo">
        <x>0</x>
        <y>0</y>
        <height>100%</height>
        <width>50%</width>
      </action>
    </keybind>
    <!--
        # HalfRightScreen
    -->
    <keybind key="W-Right">
      <action name="UnmaximizeFull"/>
      <action name="MoveResizeTo">
        <x>-0</x>
        <y>0</y>
        <height>100%</height>
        <width>50%</width>
      </action>
    </keybind>
    <!--
        # HalfUpperScreen
    -->
    <keybind key="W-Up">                                                                                
      <action name="UnmaximizeFull"/>                                                                   
      <action name="MoveResizeTo">                                                                      
        <x>0</x>                                                                                        
        <y>0</y>                                                                                        
        <width>100%</width>                                                                             
        <height>50%</height>                                                                            
      </action>                                                                                         
    </keybind>                                                                                          
    <!--                                                                                                
        # HalfLowerScreen
    -->
    <keybind key="W-Down">
      <action name="UnmaximizeFull"/>
      <action name="MoveResizeTo">
        <x>0</x>
        <y>-0</y>
        <width>100%</width>
        <height>50%</height>
      </action>
    </keybind>
    <!--  Lubuntu specific : Keybindings -->

-


Lubuntu 20.04 の定義部分を修正:

-

1. 修正前に退避:
$ cd ~/.config/openbox/
$ cp lxqt-rc.xml lxqt-rc-ORG.xml

$ ls
lxqt-rc-ORG.xml  lxqt-rc.xml

-

2. まずは、挿入部分を読み込み:

$ cat ~/ドキュメント/1904-shortcuts.txt

-

3. 端末でファイルの内容となる部分(コマンド部分は除外)をマウスで範囲選択して反転させて、右クリック→「選択部分をコピー」

-

4. 次に、編集先を開きます:

$ featherpad ~/.config/openbox/lxqt-rc.xml

-

5. 検索→検索→下の検索窓に「 </keyboard> 」Enter
295行    <!-- Keybindings to toggle fullscreen -->
296行    <keybind key="F11">
297行      <action name="ToggleFullscreen"/>
298行    </keybind>
                        ←(2. Lubuntu 19.04 window tiling の定義部分を追記)
299行  </keyboard>   ←(1. 検索で飛んでくるところ)
300行  <mouse>

→もしかしたら、行番号は変わっているかも…。

-

6. 298行の行末でEnter して、1行空けます。

-

7. 空けた行で、Ctrl+V

-

8. 295行 〜 355行 辺りを確認。

ゴミが貼り付けられなかったかを確認。ゴミがあったら、除去。

→貼り付けた前後に空行ができても、そのままでかまいません。

-

9. Ctrl+S で上書き保存。

-

10. ログアウト→ログイン

-


「ブラウザ」を起動して、タイリングの動作確認:

「左のWindow」+矢印(上下左右)キーでは、何も起こりません。

-


「右のWindow」+矢印(上下左右)キーで、4つのパターンのタイリングができました。
右の Window +「↑」: 1/2画面で、上に吸着。

右の Window +「↓」: 1/2画面で、下に吸着。

右の Window +「→」: 1/2画面で、右に吸着。

右の Window +「←」: 1/2画面で、左に吸着。

-

→ブラウザを選んでから、「右の Window 」+「→」とすると、 1/2画面で、右に吸着しました。

-


ウィンドウのタイリングが使えるようになった設定を保存:

$ cd ~/.config/openbox/
$ cp lxqt-rc.xml 2004-lxqt-rc.xml
$ ls
2004-lxqt-rc.xml  lxqt-rc-ORG.xml  lxqt-rc.xml
$ cp lxqt-rc.xml ~/ドキュメント/2004-lxqt-rc.xml
$ ls ~/ドキュメント/
1904-lxqt-rc.xml  1904-shortcuts.txt  2004-lxqt-rc.xml

-


まとめ

やはり、ウィンドウのタイリングが使えると便利です。 くれぐれも自己責任です。

-

-


目次

先頭

-


-