Linux あれこれ

Linux 関連(一部 Windows11 )の備忘録です。

Vagrant 実践編6: 「EndeavourOS」の「Box」を利用するときの補足〈H170-9〉

登録日: 2024-02-12 更新日: 2024-02-12

Xubuntu 22.04.3 LTS」の「VirtualBox 7.0.14」にて、仮想マシンの管理に「Vagrant」(ベイグラント) というツールを使えるようにしました。

-

実践編5 の投稿で、以前に作成したデスクトップなしの「Box」(Endeav-base-jp) を使って、コミュニティ版の「OpenBox」を追加インストールしました。

-

その作業の中で、「Fedora」のグループインストールと似た機能を持つ「eos-packagelist」というツールを見つけました。「EndeavourOS」のデスクトップなしの「Box」を使うとき、「仮想マシン」に(公式の)デスクトップを追加するときに活躍しそうです。

その備忘録です。

-

-

(注)リンクを戻るときはブラウザの左上の「←」をクリック

-

-


目次

-

今回の補足情報:

  1. 「eos-packagelist」で使える「デスクトップ」環境の一覧:

  2. 「Desktop-Base + Common packages」環境のパッケージ一覧:

  3. 「EndeavourOS applications」環境のパッケージ一覧:

  4. 「Recommended applications selection」環境のパッケージ一覧:

  5. 「Firefox and language package」環境のパッケージ一覧:

  6. 「Firewall」環境のパッケージ一覧:

  7. 「LTS kernel in addition」環境のパッケージ一覧:

  8. 「Printing support」環境のパッケージ一覧:

  9. 「HP printer/scanner support」環境のパッケージ一覧:

  10. 「XFCE4-Desktop」環境のパッケージ一覧:

  11. 「i3-Window-Manager」環境のパッケージ一覧:

  12. 「デスクトップ環境」の設定ファイルの一覧:

-

Vagrant」での参考:

  1. 「Vagrant」コマンドについて:

  2. 「Vagrant」コマンドの使用例:

  3. 「Vagrant」コマンドの使用例:(目次)

  4.  修正版: 使い回し可能な「Vagrantfile」:

  5.  もし、PC のディスクに余裕がない場合:

  6. 「ssh 接続」で使うテキストエディタ「nano」:

  7. 「ssh 接続」で、日本語表示にするには:

 →事前に「デスクトップの日本語化」が必要です

-

「EndeavourOS」での参考:

  1.  ミラーの更新:

  2. 「Welcome」画面に、「個人用コマンド」(Personal Commands) タブを追加:

  3. 「仮想マシン」にて、「GuestAdditions」を再インストール:

  4. 「仮想マシン」にて、ログイン時の「エラー通知」の解消、および、「クリップボード共有」機能が改善:

-

前回の「EndeavourOS」での作業:

  1. 「Vagrantfile」の修正:

  2. 「仮想マシン」の作成と立ち上げ:

  3.  GUI のみで使うユーザ「mine」を作成:

  4. 「Openbox」のインストール:

  5. 「AUR ヘルパー」を「paru」に変更:

  6.  デスクトップ周りの設定:

  7.  テキストエディタの「featherpad」をインストール:

  8.  ESR 版の「Firefox」をインストール:

  9. 「アプリ」や「フォント」をインストール:

  10.  デスクトップの日本語化:

  11.  日本語入力:「ibus-anthy」の場合:

  12.  日本語入力:「ibus-mozc」の場合:

-

「まとめ へ」

「目次詳細 へ」

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - -

Vagrant で「EndeavourOS」の「仮想マシン」を立ち上げ:

-

追加インストールした「OpenBox」の「デスクトップ環境」:

→「EndeavourOS」のデスクトップなしの「Box」を利用して、「OpenBox」を追加後、 日本語化しました

-

VirtualBox」の「クリップボードの共有」機能が使えるかは、デスクトップなしの「Box」を作成するときに、ちゃんと「GuestAdditions」をインストールできたかが鍵

-

-


現在のバージョンを表示:

-

ホストOS : 「Xubuntu 22.04.3 LTS」

2024-02-12 現在

カーネル:

$ uname -r
5.15.0-94-generic

リリース:

$ cat /etc/lsb-release
:
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=22.04
DISTRIB_CODENAME=jammy
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 22.04.3 LTS"

→「22.04.3」にアップしています。

-

-

ゲストOS : 「EndeavourOS」

2024-02-12 現在

カーネル:

$ uname -r
6.7.3-arch1-2

リリース:

$ cat /etc/lsb-release
:
DISTRIB_ID="EndeavourOS"
DISTRIB_RELEASE="rolling"
DISTRIB_DESCRIPTION="EndeavourOS Linux"
DISTRIB_CODENAME="rolling"
$ cat /etc/os-release
:
NAME="EndeavourOS"
PRETTY_NAME="EndeavourOS"
ID="endeavouros"
ID_LIKE="arch"
BUILD_ID="2023.11.17"             ←(注目)
ANSI_COLOR="38;2;23;147;209"
HOME_URL="https://endeavouros.com"
DOCUMENTATION_URL="https://discovery.endeavouros.com"
SUPPORT_URL="https://forum.endeavouros.com"
BUG_REPORT_URL="https://forum.endeavouros.com/c/arch-based-related-questions/bug-reports"
PRIVACY_POLICY_URL="https://endeavouros.com/privacy-policy-2"
LOGO="endeavouros"

→注目: インストール時に使用したイメージの作成日付だったり、 「BUILD_ID=rolling」の表示だったりします。

-

「Welcome」のバージョン:

$ eos-welcome --version
:
24.3-1

→バージョン表示にて、「ログの登録」の行が表示される場合は「こちら 」を参照:

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --

1. 「EndeavourOS」のパッケージについて確認:

-

前回の〈H170-6〉でインストールした「OpenBox」で 「ssh 接続」して、確認:

-

1). 「EndeavourOS」関連のパッケージを検索:

[mine@vagrant ~]$ paru -Ss eos | grep 済
endeavouros/arc-gtk-theme-eos 20221218-1 [0 B 7.39 MiB] [インストール済み]
endeavouros/eos-apps-info 24.1-1 [0 B 379.91 KiB] [インストール済み]
endeavouros/eos-bash-shared 24.7-1 [0 B 139.18 KiB] [インストール済み]
endeavouros/eos-dracut 1.3-1 [0 B 3.41 KiB] [インストール済み]
endeavouros/eos-hooks 1.15-1 [11.06 KiB 3.17 KiB] [インストール済み]
endeavouros/eos-lightdm-slick-theme 3.2-1 [0 B 382 B] [インストール済み]
endeavouros/eos-log-tool 23-3 [0 B 25.25 KiB] [インストール済み]
endeavouros/eos-packagelist 2.2-1 [0 B 6.86 KiB] [インストール済み]
endeavouros/eos-qogir-icons 5-1 [0 B 22.42 MiB] [インストール済み]
endeavouros/eos-quickstart 1.3.1-2 [0 B 110.26 KiB] [インストール済み]
endeavouros/eos-rankmirrors 2.26-1 [0 B 26.93 KiB] [インストール済み]
endeavouros/eos-translations 24.2-1 [0 B 421.52 KiB] [インストール済み]
endeavouros/eos-update-notifier 24-1 [0 B 40.37 KiB] [インストール済み]
extra/libcamera 0.2.0-1 [0 B 1.39 MiB] [インストール済み]
extra/libcamera-ipa 0.2.0-1 [0 B 379.62 KiB] [インストール済み]

→「公式リポジトリ」だけで、「AUR リポジトリ」には登録がありません

-

2). 「eos-packagelist」に着目:

[mine@vagrant ~]$ pacman -Si eos-packagelist
リポジトリ             : endeavouros
名前                  : eos-packagelist
バージョン             : 2.2-1
説明                  : An application to gather and optionally install
                       package lists from the EndeavourOS installer
アーキテクチャ          : any
URL                   : なし
ライセンス             : GPL3
グループ               : なし
提供                  : なし
依存パッケージ          : python-pyaml
提案パッケージ          : sudo
衝突パッケージ          : なし
置換パッケージ          : なし
ダウンロード容量        : 13.01 KiB
インストール容量        : 6.86 KiB
パッケージ作成者        : EndeavourOS <info@endeavouros.com>
ビルド日時             : 2023年08月25日 01時19分42秒
検証方法               : MD5 Sum  SHA-256 Sum  署名

→説明の和訳:
EndeavourOS インストーラからパッケージ リストを収集し、オプションでインストールするアプリケーション

-

3). ネットで「EndeavourOS eos-packagelist」を検索:

ヒットしました:

Introducing eos-packagelist から抜粋:

-

和訳:

eos-packagelist の紹介:

2022年 2月

新しいパッケージ「eos-packagelist」をリポジトリに追加しました。
これは、インストーラからのパッケージ リストを解析し、pacman を使用して
パッケージの一覧を表示したり、必要に応じてインストールできる簡単なスクリプトです。

-

どのパッケージが「plasma」とともにインストールされているかを知りたい場合:
eos-packagelist KDE-Desktop


利用可能なプロファイルのリストが必要な場合:
eos-packagelist --list

インストーラの「gnome セレクション」からすべてのパッケージをインストールしたい場合:
eos-packagelist --install GNOME-Desktop

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ---

2.「eos-packagelist」で使える「デスクトップ」環境の一覧を表示:

-

「eos-packagelist」コマンドを使ってみました:

-

「プロファイル」の一覧を表示:

コマンド使用時に指定できる、デスクトップの環境の名前:

[mine@vagrant ~]$ eos-packagelist --list
Desktop-Base + Common packages        ★
EndeavourOS applications              ★
Recommended applications selection    ★
Firefox and language package          ★
Firewall                              ★
LTS kernel in addition
Printing support
HP printer/scanner support
KDE-Desktop
GNOME-Desktop
XFCE4-Desktop
Cinnamon-Desktop
MATE-Desktop
Budgie-Desktop
LXQT-Desktop
LXDE-Desktop
i3-Window-Manager

→★ インストーラで「No Desktop」を選んだときに、
デフォルトで選択される、インストールされるパッケージ群(グループ):

実際のインストール画面は「こちら」を参照:

-

以前のリリースにあった「Openbox Edition」のパッケージはなくなりました:

→現在は、Github からダウンロードしてインストールが必要です。

-

ちなみに、ダウンロードしたインストール用のスクリプト「openbox/openbox-install.sh」では、

スクリプトの最後の方に「Openbox Edition」のインストールの記述がありましたが、現在はコメント化されています:

# eos-packagelist --install "Openbox Edition"

-

過去に「Openbox Edition」でインストールされた内容は、「項番 4-b」を参照:
現在の手動インストールとの違い(差分)は、「項番 4-2」を参照:

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----

2-1.「Desktop-Base + Common packages」環境のパッケージ一覧を表示:

-

★デスクトップの基本 + 共通パッケージ:

[mine@vagrant ~]$ eos-packagelist 'Desktop-Base + Common packages'
libwnck3
mesa-utils
xf86-input-libinput
xorg-xdpyinfo
xorg-server
xorg-xinit
xorg-xinput
xorg-xkill
xorg-xrandr
xf86-video-amdgpu
xf86-video-ati
b43-fwcutter
broadcom-wl-dkms
dhclient
dnsmasq
dnsutils
ethtool
iwd
modemmanager
networkmanager
networkmanager-openconnect
networkmanager-openvpn
nss-mdns
openssh
usb_modeswitch
wpa_supplicant
xl2tpd
downgrade
pacman-contrib
pkgfile
rebuild-detector
reflector
yay
accountsservice
bash-completion
bluez
bluez-utils
ffmpegthumbnailer
gst-libav
gst-plugin-pipewire
gst-plugins-bad
gst-plugins-ugly
libdvdcss
libgsf
libopenraw
mlocate
poppler-glib
xdg-user-dirs
xdg-utils
efitools
haveged
nfs-utils
nilfs-utils
ntp
smartmontools
unrar
unzip
xz
cantarell-fonts
freetype2
noto-fonts
noto-fonts-emoji
noto-fonts-cjk
noto-fonts-extra
ttf-bitstream-vera
ttf-dejavu
ttf-liberation
ttf-opensans
alsa-firmware
alsa-plugins
alsa-utils
pavucontrol
pipewire-pulse
wireplumber
pipewire-alsa
pipewire-jack
rtkit
dmidecode
dmraid
hdparm
hwdetect
lsscsi
mtools
sg3_utils
sof-firmware
power-profiles-daemon
upower
amd-ucode
intel-ucode

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - -----

2-2.「EndeavourOS applications」環境のパッケージ一覧を表示:

-

★「EndeavourOS」のアプリケーション集:

[mine@vagrant ~]$ eos-packagelist 'EndeavourOS applications'
endeavouros-theming
eos-apps-info
eos-log-tool
eos-packagelist
eos-quickstart
eos-rankmirrors
eos-update-notifier
reflector-simple
welcome

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- -

2-3.「Recommended applications selection」環境のパッケージ一覧を表示:

-

★推奨されるアプリケーション集:

[mine@vagrant ~]$ eos-packagelist 'Recommended applications selection'
duf
findutils
fsarchiver
git
glances
hwinfo
inxi
meld
nano-syntax-highlighting
pv
python-defusedxml
python-packaging
rsync
tldr
sed
vi
wget

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- --

2-4.「Firefox and language package」環境のパッケージ一覧を表示:

-

Firefox と言語パッケージ:

[mine@vagrant ~]$ eos-packagelist 'Firefox and language package'
firefox

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- ---

2-5.「Firewall」環境のパッケージ一覧を表示:

-

ファイアウォール:

[mine@vagrant ~]$ eos-packagelist 'Firewall'
firewalld
python-pyqt5
python-capng

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- ----

2-6.「LTS kernel in addition」環境のパッケージ一覧を表示:

-

LTS カーネル:

[mine@vagrant ~]$ eos-packagelist 'LTS kernel in addition'
linux-lts
linux-lts-headers

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- -----

2-7.「Printing support」環境のパッケージ一覧を表示:

-

印刷サポート:

[mine@vagrant ~]$ eos-packagelist 'Printing support'
cups
cups-browsed
cups-filters
cups-pdf
foomatic-db
foomatic-db-engine
foomatic-db-gutenprint-ppds
foomatic-db-nonfree
foomatic-db-nonfree-ppds
foomatic-db-ppds
ghostscript
gsfonts
gutenprint
splix
system-config-printer

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- ----- -

2-8.「HP printer/scanner support」環境のパッケージ一覧を表示:

-

HP プリンター/スキャナーのサポート:

[mine@vagrant ~]$ eos-packagelist 'HP printer/scanner support'
cups
cups-browsed
cups-filters
cups-pdf
foomatic-db
foomatic-db-engine
foomatic-db-gutenprint-ppds
foomatic-db-nonfree
foomatic-db-nonfree-ppds
foomatic-db-ppds
ghostscript
gsfonts
gutenprint
splix
system-config-printer

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- ----- --

2-9.「XFCE4-Desktop」環境のパッケージ一覧を表示:

-

Xfce4 デスクトップ:

-

[mine@vagrant ~]$ eos-packagelist XFCE4-Desktop
blueman
file-roller
galculator
gvfs
gvfs-afc
gvfs-gphoto2
gvfs-mtp
gvfs-nfs
gvfs-smb
lightdm
lightdm-slick-greeter
mousepad
network-manager-applet
parole
ristretto
thunar-archive-plugin
thunar-media-tags-plugin
xdg-user-dirs-gtk
xfce4
xfce4-battery-plugin
xfce4-datetime-plugin
xfce4-mount-plugin
xfce4-netload-plugin
xfce4-notifyd
xfce4-pulseaudio-plugin
xfce4-screensaver
xfce4-screenshooter
xfce4-taskmanager
xfce4-wavelan-plugin
xfce4-weather-plugin
xfce4-whiskermenu-plugin
xfce4-xkb-plugin
arc-gtk-theme-eos
eos-lightdm-slick-theme
eos-qogir-icons
eos-settings-xfce4                ←(ユーザ作成前にセットアップ)
endeavouros-xfce4-terminal-colors

→デフォルトのテキストエディタは「mousepad」です

-

普通に検索すると:
[mine@vagrant ~]$ pacman -Ss Desktop | grep xfce4
extra/exo 4.18.0-1 (xfce4) [インストール済み]
extra/garcon 4.18.1-1 (xfce4)
extra/libxfce4ui 4.18.4-1 [インストール済み]
extra/xfce4-artwork 0.1.1a_git20110420-6 (xfce4-goodies)
extra/xfce4-notifyd 0.9.3-1 (xfce4-goodies)
extra/xfce4-panel 4.18.5-1 (xfce4)
extra/xfce4-terminal 1.1.1-2 (xfce4) [インストール済み]
extra/xfdesktop 4.18.1-1 (xfce4)

→これだと、さっぱりですね

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- ----- ---

2-10.「i3-Window-Manager」環境のパッケージ一覧を表示:

-

[mine@vagrant ~]$ eos-packagelist i3-Window-Manager
acpi
arandr
arc-gtk-theme-eos
archlinux-xdg-menu
awesome-terminal-fonts
dex
dmenu
dunst
eos-settings-i3wm                ←(ユーザ作成前にセットアップ)
endeavouros-xfce4-terminal-colors
eos-lightdm-slick-theme
eos-qogir-icons
feh
galculator
gvfs
gvfs-afc
gvfs-gphoto2
gvfs-mtp
gvfs-nfs
gvfs-smb
i3-wm
i3blocks
i3lock
i3status
jq
lightdm
lightdm-slick-greeter
lxappearance-gtk3
mpv
network-manager-applet
numlockx
playerctl
polkit-gnome
rofi
scrot
sysstat
thunar
thunar-archive-plugin
thunar-volman
tumbler
unzip
xarchiver
xbindkeys
xdg-user-dirs-gtk
xed
xfce4-terminal
xorg-xbacklight
xorg-xdpyinfo
zip

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- ----- ----

3. 「デスクトップ環境」の設定ファイルの一覧:

-

公式の「デスクトップ環境」の一覧となります:

[mine@vagrant ~]$ pacman -Ss eos-settings
endeavouros/eos-settings-budgie 1.6-2
    Budgie settings for EndeavourOS
endeavouros/eos-settings-cinnamon 2.0-1
    Cinnamon settings for EndeavourOS
endeavouros/eos-settings-gnome 2.1-1
    GNOME settings for EndeavourOS
endeavouros/eos-settings-i3wm 1.8-1
    pre user creation skel setup for i3-wm under EndeavourOS
endeavouros/eos-settings-lxde 1.1-1
    LXDE settings for EndeavourOS
endeavouros/eos-settings-lxqt 1.1-1
    LXQT settings for EndeavourOS
endeavouros/eos-settings-mate 1.1-2
    MATE settings for EndeavourOS
endeavouros/eos-settings-plasma 1.5-1
    Plasma settings and theme for EndeavourOS
endeavouros/eos-settings-xfce4 1.5-1
    pre user creation skel setup for xfce4 under EndeavourOS

→「pre user creation ...」の行の和訳:

EndeavourOS での「i3-wm」のユーザ作成前のセットアップ

EndeavourOS での「xfce4」のユーザ作成前のセットアップ

→ユーザ作成後でないことに注意:

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- ----- -----

4. 参考: インストールされる「Openbox」のパッケージの一覧:

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- ----- ----- -

4-a. 参考: 以前の、iso のインストーラでインストールできた「Openbox Edition」のパッケージの一覧:

-

過去に「Community Edition」は、CD ライブ立ち上げで、インストーラ(calamares packagechooser モジュール)を使用してインストールできました:

-

Web サイト:

EndeavourOS-Community-Editions/Community-Edition-installer-files

→最新の ISO イメージから削除されたので、2023年 09月 06日からサイトは「読み取り専用」になりました:

-

サイトにある、「Community-Edition-installer-files/packagechooser_ce.conf」から抜粋:

「Openbox Edition」を選んだときにインストールされるパッケージ群:

2023-09-06 以前:

acpi
arandr
arc-gtk-theme-eos
arc-x-icons-theme
archlinux-xdg-menu
capitaine-cursors
dex
dmenu
dunst
eos-skel-ce-openbox
feh
gtk-engine-murrine
gvfs
gvfs-afc
gvfs-gphoto2
gvfs-mtp
gvfs-nfs
gvfs-smb
jgmenu
jq
lightdm
lightdm-slick-greeter
lxappearance-gtk3
network-manager-applet
nitrogen
obconf
openbox
pasystray
picom
polkit-gnome
rofi
scrot
slock
sysstat
thunar
thunar-archive-plugin
thunar-media-tags-plugin
thunar-volman
tint2
ttf-nerd-fonts-symbols
tumbler
xbindkeys
xcursor-neutral
xdg-user-dirs-gtk
xed
xfce4-terminal
xorg-xbacklight
xorg-xdpyinfo

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- ----- ----- --

4-b. Github から ダウンロードして「Openbox」を手動でインストールした場合のパッケージの一覧:

-

Github のサイト:

EndeavourOS-Community-Editions/openbox

-

インストールされるパッケージの一覧:

2024-02-04 現在:

$ cat openbox/packages-repository.txt
acpi
arandr
arc-gtk-theme-eos
archlinux-xdg-menu
default-cursors
dex
dmenu
dunst
eos-lightdm-slick-theme
eos-qogir-icons
feh
gtk-engine-murrine
gvfs
gvfs-afc
gvfs-gphoto2
gvfs-mtp
gvfs-nfs
gvfs-smb
jgmenu
jq
lightdm
lightdm-slick-greeter
lxappearance-gtk3
mpv
network-manager-applet
nitrogen
obconf
openbox
pasystray
picom
polkit-gnome
rofi
scrot
slock
sysstat
thunar
thunar-archive-plugin
thunar-media-tags-plugin
thunar-volman
tint2
tumbler
xbindkeys
xdg-user-dirs-gtk
xed
xfce4-terminal
xorg-xbacklight
capitaine-cursors
python-pyxdg
ttf-nerd-fonts-symbols
xcursor-themes
xorg-xdpyinfo

-

-


- --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - --- - ----- ----- ----- ---

4-2. 参考: インストールされる「Openbox」のパッケージの違いを確認:

-

「項番 4-a.」と「項番 4-b.」のパッケージ一覧の差分を確認:

-arc-x-icons-theme    ←(公式リポジトリから削除されました)
+default-cursors
-eos-skel-ce-openbox    ←(公式リポジトリから削除されました)
+eos-lightdm-slick-theme
+eos-qogir-icons
+mpv
+python-pyxdg
-xcursor-neutral    ←(公式リポジトリから削除されました)
+xcursor-themes

-」の行は、削除されたパッケージ:

+」の行は、追加されたパッケージ:

-

インストールされるパッケージで、「GuestAdditions」と関係しそうなパッケージはありませんね。

-

-


まとめ

過去に「Community Edition」は、CD ライブ立ち上げで、インストーラ(calamares packagechooser モジュール)を使用してインストールできました:

そのときに使われていたのが、「eos-packagelist」ツールだったようです。

-

「EndeavourOS」でデスクトップなしの「Box」を使うとき、「仮想マシン」に(公式の)デスクトップを追加するときに活躍しそうです。

-

-

-


-

-

    目次

-

「投稿の先頭 へ」

-

-


-

「この目次 の先頭へ」

「本編の目次 に戻る」

-